媒介契約

媒介契約

媒介契約は不動産の売買や賃貸借を行う際に、取引当事者との間に立って取引を成立させるために活動する旨の契約です。不動産仲介業者(宅地建物取引業者)は結んだ媒介契約に従って、活動の方法等についてのルールを定め、取引が円滑に進むようにサポートします。

媒介契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、それぞれメリット、デメリットがあるため、自分の条件にあった契約を選択しましょう。

運営者コメント

媒介契約書には、仲介手数料(報酬)に関する内容も記載されている為、成約価格如何を問わず不動産仲介業者に仲介手数料の値引きを求めるのであれば、媒介契約書にサインをする最初の時点で当該業者に打診しましょう。

関連記事

  • 1621Views

一般媒介契約で不動産売却!契約期間や他契約との違い…

  • 林 秀治
  • 宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー
  • 1569Views

専任媒介で不動産を高く売る!買主を早期発見する秘訣…

  • 平野直樹
  • 一級建築士・1級土木施工管理技士・宅地建物取引士・測量士

注目ワード

Top