抵当権

抵当権

抵当権とは、銀行や金融機関から住宅ローンを借り入れる際に、購入した不動産に設定される権利のことを指します。抵当権が設定された物件はローンの返済が万が一できなくなった場合に、銀行や金融機関によって売却され、その売却代金が強制的に返済に充てられます。つまり、不動産に抵当権が設定されるということは、その不動産が担保になっていると理解しておきましょう。
基本的に不動産を購入する際のローンは高額になるため、購入する物件に抵当権が設定されますが、返済を滞りなく行っている場合に抵当権が行使されることはありません。

運営者コメント

権利部乙区の抵当権の欄に「債権額」が記載されているため、購入する物件に抵当権が付いている場合は、売買代金が債権額を上回っているか確認しましょう。もし、債権額が売買代金を上回っている場合、債務超過の可能性もある為、現時点でのローン借入残高がいくらなのか仲介業者を通じて売主に確認しましょう。

関連記事

  • 1486Views

マンション購入の流れから注意点や経費の内訳まで完全…

  • 野田 真生
  • 宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

注目ワード

Top