賃貸か、持家かその4

何故、マイホームを買うのでしょうか!?

賃貸物件だと部屋が手狭だから?

結婚して子供が生まれたから?

マイホームを買うのが一つのゴール・目標だから?

人それぞれの購入理由があると思います。


しかし、世間の流れや慣習、

国の政策にただ便乗し、

自己の資産形成を考慮せずに

マイホーム購入に大金を突っ込むのは

僕は反対です。

「周りの人が買っているから、そろそろ自分も」

とか、ありえない!!

※かくいう僕は国の政策に便乗しています笑


ごく普通のサラリーマンが

マイホームを購入するとします。

住宅ローンを利用、

住宅購入用に一生懸命貯金した自己資金は

諸経費(仲介手数料や登録免許税)に使い、

頭金はゼロ。

こういう人、結構います。

銀行は貸してくれますし、返済比率もOK。

問題なく決済出来れば

売主も喜んで引渡します。

※妻の実家からの援助がなければ

僕自身も…

で、バランスシートの資産の部に

購入した不動産が計上され、

負債の部に住宅ローン借入金が

計上されるわけです。


で、問題なのは、

郊外の住宅を頭金なしフルローンで

購入すると、購入したとたんに

債務超過(資産<負債)イベントに

突入する可能性が高い点。

売りたくても、売れない。

自分の所有物なのに。資産なのに。

買い手が見つかっても

売却価格が住宅ローン残債額を

下回ってしまう。

残債を一括返済するだけの

まとまった現金が手元にあるならいいんです。

現在の勤務先がいきなり倒産し失業しても

住宅ローンを払えるならいいんです。

会社が業績不振でファンドに買収され、

大規模リストラのうちの一人になっても

住宅ローンを払えるならいいんです。


ただ、「払える」と思っていても、

子供の教育費が最もかかる時(大学進学時とか)に

突然リストラされたり、

家族の大黒柱が大病を患って

収入がガクッと落ちたら…

…それでも払えますか?


じゃあ債務超過にならない

不動産を買おうって話になりますよね。

購入後大きく値崩れせず

債務超過になりにくいエリアは、

個人的な感想ですが…

千代田区・中央区・港区・文京区・渋谷区

の都心5区が、やはり鉄板エリア。

「山手線の内側」だと、もう御の字ですね。

番町、南青山、僕の憧れ「麻布狸穴町」…

南側はもとより、北側の駒込・谷根千エリアでも、

内側ならよほど癖のある不動産でない限り

売りに出せば買い手はつきます。


上記プラス、人気電車路線沿いのエリア:

「中央線」

新宿区、中野区、杉並区、武蔵野市の駅徒歩圏内

「田園都市線」

渋谷区、世田谷区の駅徒歩圏内

「東横線」

渋谷区、目黒区の駅徒歩圏内

この辺りの不動産なら、大きく損は

しないのではないでしょうか。

その代わり、高い。

なので、ごく普通のサラリーマンでは

そもそも買えないエリア、です。

あぁ、麻布狸穴町…


じゃあどうすればいいのか。

郊外の不動産をやむを得ず購入するなら

頭金を2割ぐらい突っ込んだら

よろしいのではないでしょうか。


でも、もし頭金を2割以上貯められる

スキルがあれば、そのお金を

自宅に突っ込むの、

少し考えてみてはどうでしょうか?

あくまで僕の理想論ですが、

若いころに貯めたお金を

マイホームに使わず、

その頭金を使って

返済比率マックスまで

借入を起こして

収益不動産を買い、

自分の体を使い稼ぐ所得とは別の

「稼いでくれるもの」を買ったほうが

よいのではないでしょうか?


プロに負けない自信があるなら

べつに不動産ではなくて

株式でも債券でも投信でも

もちろんいいと思います。

もしくは、自分のスキル磨きの為の資金に。

海外大学の留学資金に。

あるいは起業するのもアリかもしれません。


大手に入社し安定的な給与収入を定年まで

得ながら住宅ローンを返済する!?

もうそんな時代じゃないでしょう。

で、自分で働いて貯めたお金と

運用して貯めたお金を使って、

現金一括でマイホームを買うなり

将来ゴージャスな老人ホームに入居すれば

いいと思います。


自分の住む家の価値を損得だけでは

判断できませんが、

収益をあげないものを普通の人が買うにしては、

マイホームは大きい買い物すぎる、

だから、とりあえずマイホームを

買うか買わないかを考えるよりも、

もっと自分の「働き方・生き方」を

家族と一緒に考えたほうが

よいと僕は思っています。


とまあ、ここまで偉そうなことを言いながら、

都内までの通勤時間が1時間以上かかる

ド郊外のマイホームを僕自身買っていますが笑

おわり

>不動産の仲介手数料が定額30万円

不動産の仲介手数料が定額30万円

もしかしたら、従来から存在する不動産業界の商習慣を少し変えれば、より多くの人の役に立てるかもしれない。 そう思い、不動産を高く売れて・安く買えて、経費が安く済み、大手と変わらない高品質なサービスで安心して取引を任せられる「理想の不動産仲介」を世の中に生み出す為に、私は勤めていた大手企業を飛び出しました。 そして、自分自身が、お客様の役に立ち信頼できる不動産実務家になろうと考え、このサービスを立ち上げました。

CTR IMG